内装デザインの情報化

近年、IT産業が活発になり内装デザインもIT技術を活用したデザインが出ている。

例えば、内装を作る時に3Dを使ってどのような配置に物を置くといいのか?どのようなデザインにすればいいかなど実際にその場で考えなくてもパソコン内で模倣し現地では内装工事を行うだけなので、内装デザインの効率化を図ることが出来る。

飲食店でも近年お客様が来てから待ち時間は何分か?飲食店に来たのは何回目かを判断することも出来るようになっている。このように飲食店では常連客かを分析して常連客だったらサービスを提供してオリジナルの料理を一品無料で提供したりする店舗が多い。

美容院では髪を切るときにその方達の髪質を診断してどのようなハサミを使えばいいかを判断する美容院や、髪を乾かす時間を短縮することが出来たりする美容院も多い。
さらに、サービスを一つに絞って時間とコストを大幅に改善している美容院もある。

このように飲食や美容での内装デザインは情報化が進んでいるため、仕事の効率が急激に上がった。

しかし、効率化を求めているせいでお客様への要望にこたえられる飲食店や美容院が少なくなった。

美容院では、時間の効率化を意識しすぎて、髪に違和感があってもどうすることもできないことがある。

飲食店でも同様のことが言えよう。待ち時間の短縮やおいしい料理の出来上がる時間など多くを効率化したが、その飲食店で本当にその人達が求めている料理を提供できず、一人一人の好みの味を作り出すことができないため、業者さんと一緒に考えた飲食の内装デザインが無駄になってしまう。

それで重要となるのは「トーク」である。

飲食店に来たけど、つまらないという時に従業員が短い時間で楽しんでもらえるように話すことが重要である。メニュー表を渡す際に当店おすすめの料理がこれで、この食材と味付けのバランスがよく若い人でも人気ですがいかがですか?といったように言うだけで注文したくなるようになり、飲食店が話題になる。

美容院では、それを心がけていて効率を求める美容院では話が無く髪を切って終わりだが、話すことで長い時間お客様に楽しんでもらえるよう、ちょっと話題を振ってみる。
その反応によってお客様が早く終わってほしいかを判断してスムーズに話すとお客様がその美容院に毎日来るようになるはずだ。

内装デザインの効率化は大くの店舗の効率化にも繋がるので内装デザインの考えを改めないといけない。そのために、内装デザインに対してお客様との交流ができる空間にする
事も重要となってくる。

美容室などの店舗内装デザインにも効率化は大事!そんな情報もこのサイトでゲット